FC2ブログ

とらりぼん国

主に鉄道、PCについて気ままに書いています。

おらPC2号機、4号機の小改修

日曜(18日)に買ってきたパーツでおらPC2号機と4号機の小改修を行いました。
初めは2号機。
冷却ファンが前*1、後ろ*2でマザーボードのファンコネクタの数が足りず、電源コネクタから変換ケーブルで直接取っていましたがファン電源2股ケーブルでマザーボードに直接接続しました。
なぜこんな事をするのかというと、前回の大工事で交換したASUSのマザーボード、A7N8XにはQ-Fanという簡易ファンコン機能があります。これを全ての冷却ファンで作動させるために付け替えました。

次いで、フロントのUSB端子を改造していたのを購入当初の状態に戻しました。
フロントにはUSBポートが2個ありますが、2個も必要なかったのでマザーボードと接続するピンヘッダを撤去して、ジャンクのUSBケーブルを直接半田付けした上でケースの中を通してリアのUSBポートへと回していました。
これを撤去してピンヘッダを半田付けし、マザーボードの内部コネクタに接続しました。
しかし片方が正常に使えない・・・
原因は調査中です。

それから4号機。
2009年1月からちょうど1年間録画に使っていたSeagate ST31000333Aを外しました。
最後に録画したのは8ヶ月前だからほとんどアクセスすることはなく、ここ1ヶ月ほどアクセスした実績がなかったので外しました。
(なんという電気代の無駄・・・)
しかし、コネクタを外しただけでケースに入れっぱなしです。
だって保管する場所ないし・・・
4号機の冷却ファンですがHDD3台と4台の状態で大きく壁があるようで、3台の状態ではアイドルなら静かですが4台付けると常時轟音になります。(笑)負荷掛けると「グオオオーン!!」って言うし。
それから、これもあまり使わなかった2台目のDVDドライブも外しておきました。

次いで、不調になっていたメインのDVDドライブのPioneer DVR-116のレンズ清掃を行いました。
症状はCD系の読み込みはできるがDVD系を全く受け付けなくなっていました。
電源を落として電源ケーブルを抜いてから取り出す。
裏蓋を開ける。
・・・
このネジ、タッピングネジじゃないか…
開けてみるとプラスチックのフレームに固定されていました。
Pioneerは116シリーズから設計が中国に丸投げとなったそうですがここまで酷いとは・・・
上の蓋も取ってピックアップとご対面。
目立つホコリは無いけど、なんだか曇ってるような・・・
カーチャンの持っているシミ抜き剤の「エリモト」(成分はベンジン)を綿棒につけてゴシゴシします。
きれいになったかな?
ネジを付けずに蓋を閉めて、仮接続。
電源を入れて・・・

やった!読み込んだ!

電源を切ってからネジを付けて、元通りにケースを閉めます。
これで修理完了。

ホコリっぽいとらりぼん国では光学ドライブはみな短命で、買ってから2?3年で読み込み不能になります。
その度にピックアップをゴシゴシして直していますが。
中にはピックアップか回路自体が死んでしまっているものもありますが・・・
現在所有している全ての光学ドライブが分解清掃済みですw

2号機、4号機共通の改造。
4号機のスレーブに付いていたDVDコンボドライブのPlextor PX-320Aを4号機のCD-ROM 東芝サムスン TS-H192Cと交換しました。TS-H192Cは元々4号機の付属品で、ベゼルの色が本体と同じ黒っぽい紫になっています。
しかし今更CD-ROMなんて使い道がないから「ただのフタ」状態で接続していません。
5インチベイのカバーが入った箱は押入れに上げてしまったから出すのめんどくさくてw
スポンサーサイト



テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

  1. 2010/08/25(水) 22:29:52|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<USBメモリのベンチマーク | ホーム | 「借りぐらしのアリエッティ」を見た>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toraribonkoku.blog63.fc2.com/tb.php/96-9a3297d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)