FC2ブログ

とらりぼん国

主に鉄道、PCについて気ままに書いています。

久しぶりにレンタル屋へ

本日2本目の記事。
実に1年ぶりに、近所のレンタル屋でCDを借りてきました。あんまり書くと住所が特定されそうなんで場所は伏せますが。
自分が大ファンの久石譲さんのアルバムやジブリ映画のサントラを数枚、それに大河ドラマ「篤姫」のサウンドトラックを借りてきました。
特に「篤姫」のサウンドトラックは、買っちゃおうかというほど気に入っていたので見つけられてラッキーでした。
以下、ちょっと技術的な話。
自分はCDを借りてきたら必ずPCを使ってリッピングしていますが、みなさんは普段どんなソフトを使われていますか?自分は、「Exact Audio Copy」と言う海外産のフリーソフトを使用しています。
形式はいつも無圧縮のWAVとcueシート付のイメージです。
具体的な作業フローチャートはこうです。

1.Exact Audio Copyでイメージ吸出し(この時、freedbで曲名の取得をしておきます。)
2.必要に応じてwavファイルをMonkey's Audio(拡張子ape)等の可逆圧縮をかける
3.後はrarリカバリレコード掛けて圧縮
4.DVD1枚分のデータが溜まったら適宜DVD-Rに焼く

こんな感じにやってますが、圧縮するのはMP3等の非可逆圧縮(音質が劣化する)でなく、可逆圧縮(音質が劣化しない)方式でやってるのがポイント。
携帯プレイヤー等でMP3が必要な場合は、リッピングしたCDイメージを使ってMP3に変換しています。
要はマスターとして可逆圧縮で残しておいて、いざMP3が必要になったらそのアーカイブからMP3を作ればいいわけです。
なんでitunesとかの便利なソフトを使わないのかというと、やはりマスターを非可逆圧縮で残しておくのには抵抗があり、それに可逆圧縮からはいつでもMP3を作ることができるからです。
こうしておけば、もし将来MP3形式が廃れて(まずありえないですが)最新のプレイヤーで使えなくなったり、エンコードしたMP3に不満が出てビットレート等の設定をやり直したい、さらに別の圧縮形式でエンコードしたい、といったニーズにも対応することが出来ます。
スポンサーサイト



テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/02/12(木) 18:48:36|
  2. PC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鳥取旅行に行ってきた | ホーム | デジタル一眼購入!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toraribonkoku.blog63.fc2.com/tb.php/32-9e701915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)